アンコールワット特集・ツアーのご紹介

アンコールワット特集TOP

アンコールワットって?

密林の大地に広がる壮大な寺院群であり、東南アジア最大の世界文化遺産でもある『アンコールワット』。アンコールワットは12世紀前半に、カンボジア王朝の象徴としてスーリヤヴァルマン2世によって建てられたヒンドゥー教最大の寺院です。インドの影響を強く受け、ヒンドゥー教と仏教の融合文化と言われているクメール文化の粋を結集したレリーフが、廊下や壁面に施され、海山を象徴した建物の構造は雄大そのもの。
アンコールワットという遺跡名は広く知られていますが、新都城として建てられ、周囲12km、幅130mの濠と 巨大な5つの城門を持つアンコールトムも歴史的価値が高いです。世界一長大な浅浮彫や、巨大な彫刻「バイヨンの微笑み」は特に有名。アンコールの歴史は、戦争に翻弄され続けた過酷な歴史ともいえます。現在は平和をとりもどし、国際支援による保護・修復作業が続けられています。

アンコールワットのツアー

アンコールワットのおすすめ観光スポット!

アンコールワット
日本人旅行者の海外の人気観光スポットNo.1
アンコールワットはアンコールワットを中心とした遺跡群の総称です。それぞれの遺跡で作られた年代、信仰されていた宗教が違うため、個性があります。アンコールワットでは朝日が、プノン・バケンでは夕日が鑑賞できるので、時間にゆとりがあったらそちらにも行かれてみてはいかがでしょうか。
バイヨン
クメール王朝最盛期に建てられたクメールの微笑み
12世紀にジャヤーヴァルマン7世が作った寺院。敷地内には49の塔があり、観世音菩薩が四面にそれぞれ彫られています。回廊の壁面には当時の人々の生活やチャンパ軍との戦争の様子が描かれています。
タ・プローム
アンコールワットの北東に位置する12世紀末に建立された寺院。当時は仏教寺院として建てられましたが、後にヒンドゥー寺院に改宗されたとみられています。ガジュマルの木に侵食が激しく、遺跡と巨大な樹木が絡み合う様子はなんとも見ごたえがあります。映画トゥーム・レイダーのロケ地としても有名です。

アンコールワットでオススメのラグジュアリーホテル

アナンタラアンコール
カンボジアの資産家が妻の50歳の誕生日を記念して建設した高級ホテル。館内の施設やインテリアは全て夫人がコーディネート。伝統的なクメール様式と現代建築が融合した、優美で温かみのあるホテルです。市街地から少し離れた場所にあるので静かにゆったりと過ごすことができます。
メリディアン・アンコール
市街地とアンコールワットの中間に位置するので、遺跡観光にも便利な立地。モダンなインテリアで統一されたデラックスホテルです。館内はアンコールワット遺跡の回廊をイメージした作りになっています。また、日本人スタッフも常駐しているので安心してご滞在頂けます。
アンコール・パレス
treaders-1treaders-1treaders-1
11ヘクタールという広大な敷地を誇るホテル。別館の建設工事を終え、2006年9月に全259室がオープン!明るく開放感のあるロビーや、大きな変形プールと滝のある庭園は日本人に人気。リゾート気分を楽しむのに十分です。客室が42平米と広いのも魅力的。日本人スタッフ常駐。